味覚を正常に保つミネラル、亜鉛の基本を知る。

原子番号30、亜鉛族元素。
体内に約2,000mgほどがあり、皮膚や骨、肝臓や腎臓などに存在しています。

機能

味覚を司る味蕾(みらい)の代謝に関与し、不足すると味覚障害を引き起こします。
様々な酵素の働きを助ける、補酵素としての役割を担う栄養素で、抗酸化作用も持っています。

消化・吸収・代謝

小腸で吸収されます。

摂取量

上限量が定められています。成人の男女で、8〜10mg/日摂取が推奨量とされています。

出典 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版出典 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版

過不足のリスク

過剰

通常の食事で過剰摂取になる可能性は極めて低いですが、サプリメントの利用等で過剰が起きる場合があります。
長期で亜鉛を大量に摂取すると銅の吸収を阻害し、貧血や吐き気などを引き起こす可能性があります。

不足

欠乏すると食欲不振や成長障害味覚障害、口内炎、舌炎、精神障害などを引き起こします。

多く含まれる食品

牡蠣など魚介類、レバーや肉類に多く含まれています。

出典 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)出典 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)