活性酸素から細胞を守り老化を防いでくれる、ビタミンEの基本を知る。

トコフェロールとトコトリエノールの2分類があり、それぞれ構造の違いによりα、β、γ、δの4タイプが存在、計8種類が知られています。
体内に存在するビタミンEの大部分はα-トコフェロールで、食事摂取基準でも指標に用いられています。

機能

ビタミンAビタミンCと共に抗酸化作用があり、細胞膜の酸化、活性酸素の働きから生体を守ってくれます。
その他にも血行を良くする、性ホルモンの生成に関与して生殖機能を維持する等の効能があります。

消化・吸収・代謝

腸管で吸収されます。吸収率は10〜40%とされていますが、正確にはわかっていません。

摂取量

通常の食品摂取で不足や過剰症の報告はありませんが、安全が確認できている最大量を上限として定められています。成人の男女で6〜6.5mg/日摂取が目安とされています。

出典 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版出典 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版

過不足のリスク

過剰

出血傾向が上昇することがわかっています。
通常の食品摂取において欠乏症や過剰症が発症した報告はありません。

不足

不妊、脳軟化症、肝臓壊死、腎障害、筋ジストロフィーなどの症状が引き起こされます。

ビタミンEが多く含まれる食品10品目

主に植物、種実、魚類の油脂成分に含まれます。脂溶性ビタミンのため油と一緒に吸収されやすく、熱や酸に強い特長を持っています。

出典 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)出典 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)
参考
  • 厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」
  • 文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」
  • 奥恒行,柴田克己(2017)「基礎栄養学(改定第5版)」

関連記事