3大栄養素の代謝を助ける、ビタミンB2の基本を知る。

ビタミンB群の1つで化学名はリボフラビン。炭水化物脂質たんぱく質の3大栄養素の代謝に関与する、成育に影響するビタミンです。
黄色で強い蛍光を持っているため、多く摂ると尿が濃い黄色になることがあります。

ビタミンB2の機能

炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝調節機能を持っています。
「成長・生殖を助ける」「健康な皮膚・爪・髪にする」「口内炎などの治療」「視力増進・眼精疲労軽減」等の効果が得られます。

ビタミンB2の消化、吸収、代謝

小腸で吸収され、胃から小腸へ移行する際の速度がゆっくりであるほど吸収量があがります。

ビタミンB2の摂取量

上限量は設定なし、成人の男女で1.1~1.6mg/日摂取が目安とされています。

出典 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版

過不足のリスク

過剰

通常の食事摂取で過剰摂取による健康障害が発現した報告はありません。
過剰摂取しても速やかに尿中に排泄されるため影響はほとんどありません。

不足

成長抑制、欠乏により口内炎、口角炎、舌炎、脂漏性皮膚炎などが起きます。

ビタミンB2が多く含まれる食品10品目

レバー、アーモンド等ナッツ類、まいたけ、モロヘイヤなどに多く含まれています。
熱、酸などに強いため調理では減りにくいですが、紫外線で破壊されやすい栄養素です。

出典 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)

参考

厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」
文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」
奥恒行,柴田克己(2017)「基礎栄養学(改定第5版)」

著者 / 監修者