痛〜い口内炎、早く治すためには?口内炎とビタミンの関係、大公開!

口内炎が出来るとしばらくは痛くて食事もままならなかったり、じっとしていても口の中が気になったり。
放っておけば治るものがほとんどですが、辛い口内炎は早く治したいものですよね。
今回は口内炎を早く治すのに重要な「ビタミン」に焦点を当ててお話します。

口内炎について

口内炎とは口の中や唇、舌の粘膜に炎症が起こり、ただれや水疱、潰瘍などが出来てしまったものを指します。
一般的に多く見られるのはアフタ性口内炎と言われるもので、中心部が白っぽく外側が赤い円形に潰瘍が出来ます。
通常は1週間程度で治りますが、なかなか治らない口内炎で病院を受診し、他の病気が発見されるケースもあるため、長引く口内炎には重篤な病気が隠れている可能性もあります。

口内炎の原因

物理的な刺激

口の中を誤って噛んでしまったり、歯磨きで口の中の粘膜を傷つけてしまって口内炎が出来てしまった…という人は多いのではないでしょうか。
また、虫歯などにより先端が鋭くなってしまった歯やサイズの合っていない入れ歯などによって粘膜を刺激する事で口内炎が出来てしまう事もあります。

ウイルスや細菌の感染

ウイルス感染による口内炎は感染によるものの中でも特に多く、単純ヘルペス感染症、麻疹や風疹などの一症状として口内炎が現れます。
また、口の中の衛生状態が悪いと口腔内の常在菌が繁殖しやすくなり、口内炎が出来やすくなります。
そのため、日頃から歯磨きやうがいを心がけ、口の中を綺麗にする事は口内炎の予防に繋がります。

医療行為によるもの

薬物療法や放射線治療などによって口腔内や舌の粘膜を傷つけてしまったり、唾液を出す細胞がダメージを受け、口腔内を綺麗にしてくれる唾液の量が減ってしまって口内炎が生じる事もあります。

免疫力の低下

ストレス疲れ睡眠不足栄養不足、または薬の副作用などによって免疫力が低下し、身体の中の細菌を殺す事が出来なくなる事で口内炎は出来やすくなってしまいます。

口内炎を早く治す鍵はビタミンにあり!?

ビタミンA

鼻や喉の粘膜が乾燥するとウイルスに感染しやすくなると言われています。
ビタミンAには喉や鼻などの粘膜を丈夫にし、細菌から身体を守るはたらきがあります。

ビタミンAが多く含まれるものには緑黄色野菜やうなぎ、レバー、マーガリン、卵などが挙げられます。

ビタミンC

ビタミンCには白血球の機能を高め、免疫力を高めるはたらきがあります。
そのため、口内炎に対しては口の中の炎症や傷を治癒させ、病原体から身体を守り、抵抗力を高めてくれるはたらきが期待出来るでしょう。

ビタミンCが多く含まれるものにはブロッコリー、みかんなどの柑橘類、いちご、パプリカなどが挙げられます。

ビタミンAビタミンCは粘膜を丈夫にし、免疫力を高めてくれるという点で冬に流行る風邪予防にも効果的です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

あれ、これって風邪…?今からでも遅くない、風邪の症状別に効く栄養素・食べ物大公開!

ビタミンB群

実は口内炎とはビタミンB2欠乏症の一症状としてもあります。
ビタミンB2を含むビタミンB群は「元気のビタミン」と言われています。
エネルギー代謝を促し、皮膚や粘膜の健康を保ってくれます。

ビタミンB群は相互に作用し合ってはたらくのでまとめて摂るのがオススメです。
ビタミンB群は水溶性ビタミンといって、水に溶けやすいビタミンなので尿中に排泄されやすく、不足しやすい栄養素です。

ビタミンB群を多く含むものにはレバーや魚などの動物性食品、豆類、卵、牛乳などが挙げられます。

まとめ

自然に治る事が多い口内炎。
毎日の食事を気にする事でより早く治す事が出来ます。
口内炎はビタミンが鍵です。

治るのをただなんとなく待っているだけだった人も、ビタミンを摂って辛い口内炎とサヨナラしましょう!

参考文献

1)メディカルノート「口内炎」, https://medicalnote.jp/diseases/口内炎 (2018年11月26日最終アクセス)

2)国立がん研究センターがん情報サービス「口内炎・口内の乾燥」, https://ganjoho.jp/public/support/condition/stomatitis.html (2018年11月26日最終アクセス)

3)香川芳子:抗がん剤・放射線治療と食事のくふう,女子栄養大学出版部,2007.

4)久次米義敬:抗がん剤・放射線治療を乗り切り、元気いっぱいにする食事116,主婦の友インフォス情報社,2012.

5)中村丁次:栄養の基本がわかる図解事典,成美堂出版,2015.

6)公益財団法人長寿科学振興財団「健康長寿ネット」,https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/vitamin-b2.html (2018年11月26日最終アクセス)

7)豊田悟:感染症と栄養ー風邪予防としての栄養アプローチー.治療(0052-5207),85(11);3016-3020.2003.

8)安齋ゆかり:風邪をこじらせない食事ー風邪予防と対処法ー.診断と治療,88(12);2265-2270.2000.