バレンタインチョコは栄養もたっぷり!カカオポリフェノールのパワーを徹底解剖

バレンタインのシーズンとなり、街にはチョコレートのお店がたくさん。
チョコレートの栄養といえばポリフェノールが有名です。
ポリフェノールは、ワインやコーヒーにも豊富とよく言われますが、同じポリフェノールでもその健康効果は成分によって少し異なります。

今回は、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールを中心に紹介していきます。

ポリフェノールとは?

ポリフェノールとは、植物が作り出す抗酸化作用のある成分

ポリフェノールは、植物の葉、茎、樹皮、実の皮などに含まれる成分です。
色素や香り、苦味や辛味の成分として存在しています。

そもそもポリフェノールは植物が紫外線や有害物質、害虫などから自身を守るために作られたものです。
この自分を守る作用=強い抗酸化作用が人にも健康をもたらすと考えられ、注目されています。

種類は5000種類以上

ポリフェノールの定義は「芳香族環に2つ以上のフェノール基を有する物質」で、現在発見されているだけでも5000種類以上存在します。
表に代表的なポリフェノールを紹介しています。
緑茶に含まれるカテキンもポリフェノールの一種です。
成分ごとの健康成分が明らかにされているのはごく一部ですが、全体として体をさびさせない、アンチエイジング効果があるといわれています。

カカオポリフェノールには生活習慣病予防効果が期待されている

血圧低下効果

高血圧は、日本人の生活習慣病死亡に最も大きく影響する要因の1つです。
カカオポリフェノールは血管内皮機能を改善し、血管拡張物質を産生させることで血圧を低下させる作用があるといわれています。

悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、善玉コレステロールを増やしてくれる

コレステロールの中には悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)が存在します。
悪玉コレステロールが増えすぎると酸化し血管にはりついて動脈硬化を引き起こす要因になります。
反対に、善玉コレステロールは過剰なコレステロールを全身から回収してくれます。
カカオポリフェノールには悪玉コレステロールの酸化を抑制する作用と善玉コレステロールを増やす作用があると報告されています。

チョコレートには美肌や認知症予防効果も

ポリフェノールの抗酸化作用で美肌効果

肌にダメージを与える物質として、「活性酸素」があります。
活性酸素は生きている上で必ず発生してしまう物質ですが、ストレスなどによって体に負担がかかると活性酸素が過剰に発生してしまいます。これが肌荒れなどを引き起こす要因となるわけですが、カカオポリフェノールにはその活性酸素の働きを抑える抗酸化作用をもっています。

カカオポリフェノールを多く含む食品を12週間摂取したところ、皮膚の水分量の低下を抑えられたという研究報告も存在します。

記憶や学習の認知機能を上げる力も

脳の働きを支える代表的な栄養分としてBDNF(Brain Derived Nutrophic Factor)というものがあります。
BNDFは脳内の神経細胞の動きを活性化すると考えられています。
そんなBDNFは高齢になると減少していきますが、カカオポリフェノールの摂取によってBDNFの血中濃度が上昇したという報告があります。

チョコレートでポリフェノールを摂るときの注意

チョコレートの摂りすぎは太る原因に

色々といいことたくさんのカカオポリフェノールですが、健康増進に有効な摂取量は定まっていません。
チョコレートには脂質や糖質、エネルギーが多く含まれますので、摂りすぎるとダイエットどころか肥満に繋がります。

厚生労働省と農林水産省が作成した「食事バランスガイド」では菓子・嗜好飲料等から摂取するエネルギーは1日あたり200kcal以内を目安としています。
チョコレートの摂取は、他のお菓子やお酒と合わせて200kcal以内に収めるのが良いかもしれません。

高カカオチョコレートは脂質やカフェインも豊富

近年カカオの成分が多く含まれた高カカオチョコレートが人気です。
通常のチョコレートに含まれるカカオは30~40%ですが、高カカオチョコレートの中にはカカオが99%も含まれるものもあります。
カカオの割合が高い分、カカオポリフェノールの量も多くなりますのでポリフェノールはたくさん摂取できます。

しかし、同時に脂質やカフェインも普通のチョコレートよりたくさん。
カカオチョコレートには普通のチョコレートの1.2~1.5倍もの脂質が含まれる場合があります。
普通のチョコレートよりもたくさんのカロリー摂取に繋がってしまうかもしれません。

カフェインも4倍程度含まれる場合があり、高カカオチョコレートだから健康的とは必ずしも言えないようです。
特に、お子さんや妊娠、授乳中の方などの摂取過剰は気を付けた方が良さそうです。

まとめ

ポリフェノールは、植物の葉、茎、樹皮、実の皮などに含まれる抗酸化作用のある成分です。
チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれ、生活習慣病予防効果、美肌効果、認知機能改善効果などが報告されています。
カカオポリフェノールのパワーについては研究段階で、他にも良い効果があるのかもしれないといわれています。
たくさんカカオポリフェノールを摂取してその栄養成分にあやかりたいところですが、カカオポリフェノールが含まれるチョコレート製品はカロリーは高め。
食べすぎは逆効果になることも考えられます。
他のお菓子やお酒と合わせて1日200kcalを目安に摂取するのがよさそうです。
また、ヘルシーなイメージの高カカオチョコレートは脂質やカフェインが普通のチョコレートより多い場合がありますのでくれぐれも食べすぎには注意してください。

参考文献

厚生労働省「高血圧」https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-05-003.html(参照2020.02.06)
独立行政法人 国民生活センター(2008)「高カカオをうたったチョコレート(結果報告)」
農林水産省「『食事バランスガイド』について」<http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/>(参照2020.02.06)
田知陽一「栄養科学イラストレイテッド基礎栄養学第3版」羊土社(2018)
夏目みどり(2018)「カカオポリフェノールの包括的研究」日本農芸学会
馬場星吾(2009)「カカオポリフェノールが有する多彩な生理機能 抗動脈硬化作用とその機序に関する最近の知見より」化学と生物
本田沙理、増田俊哉(2015)「ポリフェノール、化学反応を基盤とする機能性物質」化学と生物
山下陽子、芦田均(2017)「カカオポリフェノールのメタボリックシンドローム予防効果」オレオサイエンス
Heinrich U, Neukam K, Tronnier H, Sies H, Stahl W,(2006)”Long-term ingestion of high flavanol cocoa provides photoprotection against UV-induced erythema and improves skin condition in women” The Journal of Nutrition

著者 / 監修者