甲状腺ホルモンの主成分となる、ヨウ素の基本を知る

原子番号53、ハロゲン元素の一つ。
成人の体内に約15mg含まれており、そのうち70~80%は甲状腺に存在し、甲状腺ホルモンを構成します。
海藻類をよく食べる日本人は、世界でも稀に見る高ヨウ素摂取民族と言われています。

機能

甲状腺ホルモンがエネルギー代謝たんぱく質の合成に関与します。
その他発育骨の形成神経細胞の発達などに関与します。

消化・吸収・代謝

胃と小腸でほぼ吸収され、多くが尿中へ排泄されます。

摂取量

成人の男女で、130μg/日摂取が推奨量とされています。
推奨量の約23倍が耐用上限量として定められています。

出典 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版出典 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年版

過不足のリスク

過剰

通常の食事で過剰摂取になる可能性は低いです。
甲状腺肥大甲状腺浮腫などが症状として現れます。

不足

通常の食生活、特に日本人の場合は欠乏は起こりにくいと考えられています。
欠乏すると甲状腺腫、クレチン病(ヨウ素とセレンが共に欠乏した場合)などが症状して現れます。

多く含まれる食品

海藻類、魚介類に多く含まれています。

出典 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)出典 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)
参考
  • 厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」
  • 文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」
  • 奥恒行,柴田克己(2017)「基礎栄養学(改定第5版)」