ママと赤ちゃんのために気をつけたい妊娠糖尿病。予防に効果的な食事方法を解説

妊娠糖尿病を患う妊婦さんの数が増えています。
妊娠糖尿病って普通の糖尿病と何が違うの?赤ちゃんには影響するの?といった疑問にお答えしながら、妊娠糖尿病の予防に効果的な食事や運動を紹介します。

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病は妊娠以降に発症した軽い糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠中に発見された、もしくは発症した糖の代謝異常です。血糖値が基準よりも高いですが、一般的な糖尿病より程度が軽いのが特徴です。
妊娠初期と中期に検査があり、血糖値が「1.空腹時 92mg/dL以上,2.グルコース摂取1時間後 180mg/dL,3.グルコース摂取2時間後 153mg/dL以上」の3項目のうち1つ以上当てはまれば妊娠糖尿病と診断されます。

ママだけでなく赤ちゃんにも糖尿病の影響が及ぶ

妊娠糖尿病になると低血糖時に手足の震えや疲労感、意識障害が起きる場合があります。
他にも流産・早産、羊水が増えすぎる、膀胱炎などの感染症、帝王切開率の上昇などの合併症があるといわれています。
また将来、糖尿病の発症率が高まるという研究報告もあります。

さらにママの妊娠糖尿病は赤ちゃんにも影響を与えることがあります。
生まれる前は巨大児など、生まれて間もない新生児期には低血糖、呼吸代謝など、小児期以降は肥満や糖尿病、メタボリック症候群といったリスクがあります。

どうして妊娠糖尿病が起きるの?

妊娠によって血糖値が下がりにくい体になる

血糖値を下げるとき、インスリンというホルモンが分泌されます。
妊娠すると、胎盤から出るホルモンによりインスリンの働きが抑えられます。
これに加えて、胎盤ではインスリンを壊す働きをもつ酵素が現れます。
そのため、妊娠していないときに比べてインスリンが効きにくい状態になり、血糖値が高くなりやすくなるのです。特に妊娠後半に高血糖になる傾向があります。

妊娠糖尿病になる可能性が高い人って?

妊娠糖尿病を発症する人には以下のような傾向があります。

  • 肥満
  • 家族に糖尿病を患う人がいる
  • 35歳以上の妊娠
  • 以前に大きな赤ちゃんを産んだことがある
  • 原因不明の流産・早産・死産の経験がある
  • 羊水が多い
  • 妊娠高血圧症候群になっている

妊娠糖尿病と診断されたら?

基本的には健康な人と同じ生活を送ることができる

妊娠糖尿病と診断されたら、血糖自己測定器という携帯型の測定器で血糖値を測定します。
必要に応じて1日3~7回程度行います。
測定値を参考に血糖値を健康な妊婦さんに近い状態になるようコントロールするための治療がなされますが、基本的には健康な人と同じような生活を送れます。

食生活や運動で妊娠糖尿病は改善できる!

食事は血糖値変化の大きな要因になります。
食事を正しくとり、正常な血糖値の変動に近づけることがママの健康と赤ちゃんの正常な発育を促します。
ポイントとしては、

  • 適正なカロリーの食事をとる
  • 主食、肉、魚、野菜、果物などをバランスよく取り入れた食事をとる
  • 規則正しい食事をとる
  • ゆっくりよく噛んで食べる などです。

運動は基礎代謝を高め、血糖コントロールやインスリンの働きの改善につながります。
ただし、重度の貧血や呼吸器疾患がある場合などの運動はかえって悪影響を与えることがあるので医師の許可を得てから行うようにしましょう。

インスリン注射は食事と運動でどうにもならないとき

食事や運動を改善しても血糖値の目標に到達するのが難しい場合、薬による治療が行われます。
原則として、飲み薬ではなくインスリン注射を使用し、体内で不足したインスリンを補います。
注射はママ自身が行い、上腕部、おなか、おしり、太ももといった部位に行います。
なお、インスリンは赤ちゃんへの安全性が確認されているものを使用します。

妊娠糖尿病を防ごう

低GI食品が血糖値の上昇を穏やかにしてくれる

妊娠中は食後に高血糖になりやすい傾向があります。
そこで、血糖値を上げすぎないような食品を選ぶのが良いといえますが、おすすめなのが低GI食品です。

GIとはグリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で食後の血糖値上昇度を示す指標です。
低GI食品は肥満や糖尿病の発症リスクを減少させる可能性があるという報告があります。
GI値が70以上の食品は高GI食品、56~69の食品は中GI食品、55以下の食品は低食品に分類され、GI値が高いほど血糖値が上昇しやすく、低いほど血糖値が上昇しにくいことを表します。

野菜や果物のGI値は低いですが、かぼちゃやじゃがいも、すいかなどは高GI食品に分類されます。
主食は高GIとなりますが、全粒粉パンや玄米といった茶色の食品は低いGI値となります。
なお、低GI食品だからといって食べ過ぎは血糖値の上昇や体重増加に繋がりますので食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。

野菜やきのこを最初に食べよう

他にも、食事の順番を変えるだけでも血糖値の急上昇を防ぐことができます。
食物繊維の多い野菜やきのこを最初に食べ、次にたんぱく質を多く含む魚や肉、最後にご飯やパンなどの炭水化物を多く含む食品を食べるのがおすすめです。
そして大切なのが、3食しっかりと食事をとることです。欠食は血糖値の変動が大きくなったり食べ過ぎに繋がったりするため、あまりよくありません。

運動を習慣的に行おう

運動は正常な血糖値変動に効果があります。
他にも、ストレス解消などにも良いので積極的に行いたいところ。
ウォーキング、体操、ヨガ、マタニティビクスといった有酸素運動をほぼ毎日20~30分間行うと良いとされています。
運動強度は他の人と会話が続けられ、「ややきつい」と感じる程度を限度とします。
運動をするときには必ず準備運動とクールダウンを行いましょう。
また、食前食後30分以内の運動は避け、食後1~2時間後で行うのが良いです。
他に病気のある場合など、運動が体調悪化につながるケースもあるので、運動する際は医師に相談しましょう。

まとめ

妊娠糖尿病は妊娠期に発見された、もしくは発症した軽い糖尿病です。
ママには糖尿病の症状や難産、赤ちゃんには巨大児、肥満、将来の糖尿病などのリスクがあります。

妊娠糖尿病の改善や予防では、急激な血糖値の上昇を抑えるのがポイント。
食生活では、血糖値の急上昇を抑える食品である低GI食品を選ぶのがおすすめです。
また、野菜→肉・魚→ごはん・パンの順番に食べるのも効果があるとされています。
妊娠初期にはつわりで思うように食事ができない場合もあるかもしれません。
そんなときは上記にあまりとらわれすぎず、食べられるものを食べてママの健康と赤ちゃんの生育に必要なエネルギーを確保していきましょう。

参考文献

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」
国立成育医療研究センター母性内科「妊娠糖尿病リーフレットシリーズ」 <https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/perinatal/bosei/l>(参照2019.08.08)
中嶋洋子(2017)「改訂新版栄養の教科書」新星出版社
Hampshire Archives and Local Studies “Glycemic Index Food List”<http://documents.hants.gov.uk/hms/HealthyEatingontheRun-LowGlycemicIndexFoodList.pdf> (参照2019.08.15)