鉄の働きを助けて血をつくり、抗酸化作用もある銅の基本を知る。

原子番号29の遷移金属元素です。
成人の場合体内に約80mg存在し、そのうち半分は筋肉や骨に含まれています。
金属ミネラルの中でも毒性が低く、沢山摂っても排泄されやすい栄養素です。

銅の機能

鉄の働きをサポートする

血液中の銅のほとんどはたんぱく質と結合して「セルロプラスミン」という酵素たんぱく質を作っています。
セルロプラスミンは鉄の代謝に働き、鉄の吸収・貯蔵、赤血球の成分であるヘモグロビンの合成に関わります。
そのため、貧血予防の効果が得られるといえます。

抗酸化作用のある酵素を作る

赤血球中の銅のほとんどはスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)という酵素に存在します。
SODは細胞を傷つけ老化をもたらす活性酸素を消去し、抗酸化作用を持ちます。
これにより動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病の予防効果、アンチエイジング効果があるといわれています。

銅の消化・吸収・代謝

小腸で吸収され、吸収率は60%程度

ほとんどの銅は小腸で吸収され、肝臓に貯蔵されます。
肝臓でたんぱく質と結合してセルロプラスミンとなり、各組織へ運ばれて行きます。
ほとんどの銅は胆汁と一緒に小腸に分泌され便に混じって排泄されます。
吸収率は60%程度だと考えられています。

銅の摂取量

成人の男女で、0.7〜0.9mg/日摂取が推奨量とされています。
耐容上限量が定められています。

過不足のリスク

通常の食事による過剰症の心配はない

多量に摂取した場合も排泄されるため、一部の遺伝的疾患を除き、通常の食事で過剰症になる心配は基本的にありません。
ただ、銅サプリメントの使用が死亡率を上昇させるという研究が存在することもあって、アメリカ・カナダの食事摂取基準をもとに耐用上限量が設定されています。
サプリなど健康食品の使用による健康への影響はまだ情報収集段階です。
推奨量を大きく超えた銅の摂取は控えた方がよさそうです。

欠乏症は起こりにくいが、貧血のリスクがある

健康で通常の食事を摂取できていれば欠乏症が出ることはありません。
不足すると、鉄が十分でもヘモグロビンが作られないため貧血になります。
他にも骨がもろくなったり、髪の色素が抜けたりすることがあります。
遺伝的な病気として、銅代謝の異常によるメンケス病が知られています。
メンケス病は発育が遅れたり、髪の毛が縮れたりする病気です。

銅が多く含まれる食品

レバーや魚介類に多く含まれています。
様々な食品に含まれるため、特に意識しなくても不足や摂りすぎの心配はあまりありません。

出典 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)

参考文献

厚生労働省「日本人の食事摂取基準2020年版」
文部科学省(2015)「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」
上西一弘(2016)「栄養素の通になる」女子栄養大学出版部
奥恒行、柴田克己(2017)「基礎栄養学(改定第5版)」南江堂
田知陽一(2018)「栄養科学イラストレイテッド基礎栄養学第3版」羊土社

著者 / 監修者